展示会出展をきっかけとして、自社の価値をダイレクトに伝え、受注に直結させるプロセスを構築するためのコンサルティング研修です。

  展示会営業(R)コンサルティング研修で得られること

    • 展示会出展ノウハウでなく、 受注獲得・売上アップノウハウが手に入ります。
    • 顧客への提供価値に基づき、自然と教える・教わるという先生ポジションで営業ができるようになります。
    • 通常の営業にも好影響がある考え方やテクニックを学べます。
    • 成果がでる展示会出展コンセプトのつくり方を習得できます。
    • 出展コンセプトに基づく展示ブースや小冊子等のツールのつくり方が身に付きます。
    • メール等で来場者との関係性を深める仕組みが社内にできあがります。
    • 受注獲得できるセミナーのつくり方が分かります。
    • エンタテイメントの要素を取り入れた人を惹きつけるプレゼンテーションができる講師人材が社内に育ちます。
    • そのまま動画マーケティングに転用可能です。
    • 見込客をフォロー面談に駆り立てるセミナーの運営ノウハウが社内に蓄積されます。
    • 営業マンがのめり込みながら活動する営業のゲーム化ノウハウが手に入ります。
    • 商材やターゲット顧客層が変わっても展示会営業(R)プロセスを自社で自立的に回していくことができるようになります。

  展示会営業(R)コンサルティング研修の特徴的なノウハウ

  • ◆展示会をきっかけにして売上アップを実現する日本で唯一のノウハウ。
  • ◆社内に展示会営業(R)プロセスを構築するという発想なので、一度仕組みをつくってしまえば、単発ではなく、安定的に受注を獲得できるようになる手法。
  • ◆これまで営業強化に全く取り組んでこなかった企業にとっても、 様々な営業力強化策を講じてきた企業にとっても有効なノウハウ。
  • ◇費用対効果を最大化するために助成金を有効活用するノウハウ。

  コンサルティング研修内容

所要
時間
概 要 成果物
第一回 5時間
  • ・顧客価値の深掘りと商材、提供先の決定
  • ・1アイテム=1ターゲットに基づく展示会コンセプトの決定
  • ・伝達力3点セット;肩書き・キャッチコピー・プロフィール
展示会コンセプト
ブースキャッチコピー
第二回 5時間
  • ・顧客をファン化するストーリーづくりと展示ブースデザイン
  • ・優良な名刺を集める展示会運営オペレーション
  • 人垣ができるブースにするプレゼンスキルとプレゼンツール
展示会特化型名刺原稿
ブースプレゼンツール
第三回 5時間
  • ・自然と興味を持たせる特典づくり
  • ・受注獲得型セミナーコンテンツのつくり込み
  • ・受注に直結させるセミナー運営オペレーション
ステップメール骨子
セミナーレジュメ
第四回 5時間
  • ・行動に促すセミナーリハーサル
  • ・「買わせてください」とお願いされるフォロー面談
  • ・人を巻き込み夢中にする営業のゲーム化
面談トークスクリプト
営業のゲーム化シート
  • 標準期間:4か月(ご要望に応じて対応します)
  • コンサルティング料:一括134万円(税別) ※都内は交通費無料、その他交通費実費(宿泊を伴う場合は宿泊代実費)
  • 特典: ゲーム化マシンPURE QUEST(初期費用5万円、年間利用料8万円)を1年間提供します。絶対に成果を出すために、13万円相当の特典をお付けします。

  展示会営業(R)コンサルティングを通して得られる7つの力

  成果が出る仕組みが織り込まれたコンサルティング

展示会営業(R)コンサルティングは、単なる知識伝達の場ではありません。
すぐに使えて成果の実証されているワークや課題を行っていただきます。
この課題をこなすには、これまで考えたことのないような発想法が求められます。
そのため、徹底的に思考していただくことになるのです。

この課題には、わたしが徹底的に添削を行います。
このような「思考」と「フィードバック」を繰り返すことで展示会営業術のスキルを身に付けていただきます。

また、コンサルティング期間中の来社・電話・メール・スカイプなどでの相談は、無制限で受け付けしています。
よく見られるような回数制限といったことは一切ありません。

これにより、行動、実践が加速し、成果が上がる仕組みを構築できます。
成果につながる最短距離を走っていただけるのです。

  「営業」が憧れられ尊敬されている世の中をつくりたい

なぜ、わたしが、この展示会営業(R)コンサルティングをやっているかを少しお話させてください。

『世間一般的には営業職はきつい、厳しいという認識がある』

これは、ウィキペディアで「営業職」と検索すると出てくる文章から抜粋したものです。
営業という仕事は世間では、きつい、苦しいものだと思われています。

「営業」って本当にそんなに嫌な仕事でしょうか?
わたしは断じてそんなことはないと確信しています。
そんな想いから、わたしは、展示会営業(R)コンサルタントを名乗っています。
わたしは顧客が営業マンを見下して業者扱いするような状態や
だましだまされるような関係はもう終わりにしたいのです。

顧客も営業マンもお互いがお互いをリスペクトし合い、社長、営業部長、営業マンはもちろん、非営業部門やその先の法人、個人、そしてその先にいる家族、親戚や仲間、すべての人たちが幸せになりワクワクしながら暮らしている、そんな世の中をわたしは目指しています。

日本には営業職が約800万人いると言われています。

さまざまな職種の中で一番多くの人が従事している「営業という仕事」が変われば、日本が変わるとわたしは信じています。

そのために、わたしは、2020年までに、展示会営業(R)導入企業を500社、エンタメセールス(R)を行う営業マンを1万人にしたいと考えています。

この展示会営業(R)コンサルティングはこれからも続いていきます。

イキイキと楽しく売上を増加させる企業や営業マンをどんどん生み出し、その成功事例が人を惹きつけ、さらに成長し続ける集団になっていきます。

こうした理念に賛同していただける方には、ぜひ、この志高い集団に加わっていただきたいと思います。

  展示会営業(R)コンサルティング料

展示会営業(R)コンサルティングの料金についてお伝えします。
現在、わたしのコンサルティング料は、1時間当たり7万円となっています。
したがって、こうしたことを考えると、展示会営業(R)コンサルティングは、合計21時間ですので、およそ147万円となります。

さらに、13万円相当の特典がありますから、単純計算すると160万円になります。
さらに、回数無制限の個別相談を考慮すると価格は更に高くなってしまいます。
しかし、今回はできるだけその費用を安く抑えられるようにしました。
なぜなら、わたしは「営業という仕事が憧れられ、尊敬されている世の中を実現するという想いを早く実現したいと考えているからです。
そこで、展示会営業(R)コンサルティングの料金は、134万円(税別)とさせていただきます。